用光と白波 現代語訳・解説

用光と白波

HOME(古文一覧)>用光と白波


・ 今鏡「用光と白波」の現代語訳・解説です。

・ 語句の解説付きです。




 [ 用光と白波 現代語訳・原文 ]

・ 画像クリックで次のページに進みます。

用光と白波 現代語訳・原文


     [ 語句 ]

・ 相撲の使 … 相撲の節会の相撲人を集めるための使者

・ 沖つ白波 … 海賊

・ うるはし … きちんと整っているさま

・ 屋形 … 船に設けた屋根


     [ 原文 ]

用光が、相撲の使に西の国へ下りけるに、

紀伊の国のほどにてや、沖つ白波立ち来て、

ここにて命も絶えぬべく見えければ、

狩衣、冠うるはしくして、

屋形のうへに出て居りけるに、

白波の舟漕ぎ寄せければ、

その時、用光篳篥とり出して、

恨みたる声に、えならず吹きすましたりければ、

白波ども各々悲しびの心おこりて、

かづけ物をさへして、漕ぎ離れて去りにけりとなん。

さほどのことわりもなき物部さへ、

情掛くばかり吹き聞かせけんもありがたく、

また昔の白波は、なほかかる情なんありける。


     [ 現代語訳 ]

用光が、相撲の使として西国へ下向した時に、

紀伊の国のあたりでしたか、海賊がやって来て、

ここできっと絶命してしまうだろうと思われたので、

狩衣や冠をきちんと整えて、

屋形の上に出て座っていたところ、

海賊の舟が漕いで近寄ってきたので、

その時、用光は篳篥を取り出して、

恨む気持ちの込められている音色で、

何とも言えないほど素晴らしく吹き鳴らしたので、

海賊どもにはそれぞれ悲しみの心が起こって、

褒美さえ与えて、漕いで離れて行ってしまったということです。

それほど道理をわきまえない武士でさえ、

情を掛けるほど吹いて聞かせたのもめずらしく、

また昔の海賊は、やはりこのような情があったのでした。











Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved