項王自刎、我何面目見之、史記

項王の最後

HOME(漢文一覧)>鴻門之会・史記>項王の最後


「項王の最後」の現代語訳・書き下し文です。


縦書きの白文で書き下しの練習ができます。

   ⇒ 項王の最後 書き下し文・原文




     [ 書き下し文 ]

項王の最後 書き下し文


     [ 現代語訳 ]

そこで項王は東進して烏江を渡ろうとした。

烏江の亭長が船の準備をして待っていた。

項王に対して言った、

「江東は小さな所ですが、土地は千里四方、

人口は数十万人、王となるのに十分です。

お願いです、大王、急いで渡ってください。

今、私だけが船を持っています。

漢軍が到着しても、渡ることができません」と。


     [ 語句・句法 ]

・ 亭 … 宿場

・ 船を檥す … 船を出す用意をする

・ 雖〜 … 〜ではあるが(逆接)

・ 衆 … 人口

・ 独リAノミ … Aだけ(限定)


     [ 原文 ]

於是項王乃欲東渡烏江。

烏江亭長、檥船待。

謂項王曰、「江東雖小、地方千里、

衆数十万人、亦足王也。

願大王急渡。今独臣有船。

漢軍至、無以渡。」





項王の最後 書き下し文・原文

      

白文を書き下し文にする練習ができます。


四面楚歌 現代語訳・書き下し文

項王軍壁垓下。
項王の軍垓下に壁す。
項王の軍は垓下の城壁にたてこもった。


鴻門之会 現代語訳・書き下し文

沛公旦日従百余騎
沛公旦日百余騎を従へ
沛公は翌朝百騎余りの兵を従えて






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved

















Counter