桃花源記 現代語訳・書き下し文

桃花源記(桃花源の記)

HOME>桃花源記


・ 「桃花源記」の現代語訳・書き下し文です。

・ 語句と句法の解説もしています。

・ 白文を書き下し文に直す学習方法は漢文マスターの王道です。

・ 「桃花源記」の白文を書き下し文直す練習がしたい場合には

 ⇒ 桃花源記 白文・書き下し文




     [ 現代語訳・書き下し文 ]

・ 画像クリックで次のページに進みます。

桃花源記 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 渓に縁る … 谷川に沿う

・ 路の遠近 … どれくらいの道のり

・ 忽ち … 突然

・ 逢ふ … 予期せずに出会う

・ 落英 … 乱れ散る花びら

・ 繽紛たり … ひらひらと乱れ飛ぶさま


     [ 原文 ]

晋太元中、武陵人捕魚為業。

縁渓行、忘路之遠近。

忽逢桃花林。

夾岸数百歩、中無雑樹。

芳草鮮美、落英繽紛。

漁人甚異之。復前行、欲窮其林。

林尽水源、便得一山。

山有小口、髣髴若有光。

便捨船、従口入。

初極狭、纔通人。

復行数十歩、豁然開朗。

土地平曠、屋舎儼然。

有良田美池桑竹之属。

阡陌交通、鶏犬相聞。

其中往来種作男女衣着、悉如外人。

黄髪垂髫、並怡然自楽。

見漁人、乃大驚、問所従来。

具答之。

便要還家、設酒殺鶏作食。

村中聞有此人、咸来問訊。

自云、「先世避秦時乱、率妻子邑人、

来此絶境、不復出焉。

遂与外人間隔。」

問、「今是何世。」

乃不知有漢、無論魏晋。

此人一一為具言所聞。

皆歎惋。

余人各復延至其家、皆出酒食。

停数日辞去。

此中人語云、「不足為外人道也。」

既出。

得其船、便扶向路、処処誌之。

及郡下、詣太守説如此。

太守即遣人随其往、尋向所誌、遂迷不復得路。

南陽劉子驥高尚士也。

聞之、欣然規往。

未果、尋病終。

後遂無問津者。


     [ 書き下し文 ]

晋の太元中、武陵の人魚を捕らふるを業と為す。

渓に縁りて行き、路の遠近を忘る。

忽ち桃花の林に逢ふ。

岸を夾むこと数百歩、中に雑樹無し。

芳草鮮美、落英繽紛たり。

漁人甚だ之を異しむ。復た前行して、其の林を窮めんと欲す。

林水源に尽き、便ち一山を得たり。

山に小口有り、髣髴として光有るがごとし。

便ち船を捨てて、口より入る。

初めは極めて狭く、纔かに人を通ずるのみ。

復た行くこと数十歩、豁然として開朗なり。

土地平曠、屋舎儼然たり。

良田美池桑竹の属有り。

阡陌交通じ、鶏犬相聞こゆ。

其の中に往来種作する男女の衣着、悉く外人のごとし。

黄髪垂髫、並びに怡然として自ら楽しむ。

漁人を見て、乃ち大いに驚き、従りて来たる所を問ふ。

具に之に答ふ。

便ち要して家に還り、酒を設け鶏を殺して食を作る。

村中此の人有るを聞き、咸来たりて問訊す。

自ら云ふ、「先世秦時の乱を避け、妻子邑人を率ゐて、

此の絶境に来たり、復た出でず。

遂に外人と間隔す。」と。

問ふ、「今は是れ何の世ぞ。」と。

乃ち漢有るを知らず、魏晋に論無し。

此の人一一為に具に聞く所を言ふ。

皆歎惋す。

余人各復た延きて其の家に至り、皆酒食を出だす。

停まること数日にして辞去す。

此の中の人語げて云ふ、「外人の為に道ふに足らざるなり」と。

既に出づ。

其の船を得て、便ち向の路に扶り、処処に之を誌す。

郡下に及び、太守に詣り、説くこと此くのごとし。

太守即ち人をして其れに随ひて往き、向に誌しし所を尋ねしめしも、

遂に迷ひて復た路を得ず。

南陽の劉子驥は高尚の士なり。

之を聞き、欣然として往かんことを規る。

未だ果たさず。

尋いで病みて終はる。

後遂に津を問ふ者無し。


     [ 現代語訳 ]

晋の太元年間に、武陵の人が魚を捕らえることを仕事にしていた。

谷川に沿って行くうちに、どのくらい来たのかわからなくなった。

突然桃の花の林に出会った。

川の両岸に数百歩、その中に他の木はなかった。

よい香りの草が鮮やかで美しく、散った花びらが乱れ飛んでいた。

漁師はとてもこれを不思議に思った。

また先に進んで行き、その林を見極めようと思った。

林は水源のところで終わり、すぐに一つの山を見つけた。

山に小さな穴があり、ぼんやりと光が射しているようだった。

そこで船を乗り捨てて、入り口から入っていった。

はじめのうちは非常に狭く、やっと人が通れるくらいだった。

さらに数十歩行くと、からりと開けて明るくなった。

土地は平らで広く、家々はきちんと整っていた。

よく肥えた田畑、美しい池、桑や竹のたぐいがあった。

あぜ道が交わって通じ、鶏や犬の鳴き声があちこちから聞こえてきた。

その中を行き来して種をまき耕作する男女の衣服は、

どれも外部の人のものと同様であった。

老人も子供も、みんなそれぞれ喜び楽しんでいた。

漁師を見ると、たいへん驚き、どこから来たのかを尋ねた。

詳しくこれに答えた。

そこで是非にと迎えて家に帰り、酒を用意し鶏を殺して食事を作った。

村中の人々はこの人がいるのを聞いて、みんなやって来て問い尋ねた。

自分から言った、「先祖が秦の時代の戦乱を避け、妻子や村人をひきつれて、

この世間から離れた土地に来て、二度と出なかった。

そのまま外部の人と隔たってしまった。」と。

問うた、「今は何の時代ですか。」と。

なんと漢の時代があったことを知らない、魏や晋の時代はいうまでもない。

この人はひとつひとつ村人のために詳しく聞き知っていることを話した。

皆は驚いてため息をついた。

他の人たちもそれぞれまた招いて自分の家に連れて行き、皆酒や料理を出した。

数日間滞在して別れを告げて去った。

その中の一人が告げていった、「外部の人に言うほどのことではありません。」と。

村の外に出てしまった。

自分の船を見つけて、前にやって来た路に沿って、あちらこちらに目印をつけた。

郡役所のある町に来ると、郡の長官のところへ行き、以上のようなことを話した。

長官はすぐに人を遣わして漁師に随って行かせ、前に目印を付けておいた所を

たどらせたが、とうとう迷って二度とは道を見つけることができなかった。

南陽の劉子驥は知性・品性の高い立派な人物である。

この話を聞いて、喜んで行くことを計画した。

まだ目的を果たしていない。

まもなく病気で死んでしまった。

その後はそのままになり道を尋ねる者はいない。











Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved

















Counter