ちごのそらね 品詞分解・現代語訳

児のそら寝

HOME(古文一覧)>児のそら寝


・ 宇治拾遺物語「児のそら寝」の品詞分解・現代語訳・解説です。

・ 語句の解説付きです。




 [ 児のそら寝 品詞分解・現代語訳 ]

・ 画像クリックで次のページに進みます。

児のそら寝 品詞分解・現代語訳


     [ 文法 ]

・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形

・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形

・ せ … サ行変格活用の動詞「す」の未然形

・ む … 意志の助動詞「む」の終止形

・ 言ひ … ハ行四段活用の動詞「言ふ」の連用形

・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形

・ 聞き … カ行四段活用の動詞「聞く」の連用形

・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形

・ し出ださ … サ行四段活用の動詞「し出だす」の未然形

・ む … 婉曲の助動詞「む」の連体形

・ 待ち … タ行四段活用の動詞「待つ」の連用形

・ 寝 … ナ行下二段活用の動詞「寝(ぬ)」の未然形

・ ざら … 打消の助動詞「ず」の未然形

・ む … 婉曲の助動詞「む」の連体形


     [ 語句 ]

・ 児 … 寺に預けられている少年

・ 宵 … 日が暮れてから間もない頃

・ つれづれ … することがなく退屈なこと

・ いざ … さあ

・ 心よせ … 期待すること

・ さりとて … そうかといって


     [ 原文 ]

これも今は昔、比叡の山に児ありけり。

僧たち、宵のつれづれに、「いざ、かひもちひせむ。」と言ひけるを、

この児、心よせに聞きけり。

さりとて、し出ださむを待ちて寝ざらむも、わろかりなむと思ひて、

片方に寄りて寝たるよしにて、出で来るを待ちけるに、

すでにし出だしたるさまにて、ひしめき合ひたり。

この児、さだめておどろかさむずらむと待ちゐたるに、

僧の、「もの申しさぶらはむ。おどろかせ給へ。」と言ふを、

うれしとは思へども、ただ一度にいらへむも、待ちけるかともぞ思ふとて、

いま一声呼ばれていらへむと、念じて寝たるほどに、

「や、な起こしたてまつりそ。をさなき人は寝入り給ひにけり。」

と言ふ声のしければ、あなわびしと思ひて、

いま一度起こせかしと思ひ寝に聞けば、ひしひしとただ食ひに食ふ音のしければ、

ずちなくて、無期ののちに、「えい。」といらへたりければ、

僧たち笑ふこと限りなし。


     [ 現代語訳 ]

これも今となっては昔のことだが、比叡山延暦寺に児がいた。

僧たちが、宵の所在なさに、「さあ、ぼた餅を作ろう。」と言ったのを、

この児は、期待を持って聞いた。

そうかといって、作りあげるのを待って寝ないのも、

きっと体裁が悪いだろうと思って、片隅に寄って、寝ているふりをして、

できあがるのを待っていたところ、もう作りあげた様子で、

集まって騒いでいる。

この児は、きっと起こそうとするだろうと待ち続けていたところ、

僧が、「もしもし。目を覚ましてください。」と言うのを、

うれしいとは思ったけれども、ただ一度で返事をするのも、

待っていたのかと思うとまずいと考えて、

もう一度呼ばれてから返事をしようと、我慢して寝ているうちに、

「おい、お起こし申し上げるな。幼い人は眠ってしまわれたのだ。」

と言う声がしたので、ああ困ったと思って、

もう一度起こしてくれよと思いながら寝て聞いていると、

むしゃむしゃとただしきりに食べる音がしたので、

どうにもしようがなくて、長く時間が経ってから、

「はい。」と返事をしたので、僧たちは笑いが止まらなかった。











Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved