鴻門之会・歴史的かなづかい

鴻門之会

HOME>鴻門之会


・ 鴻門之会・現代かなづかい

・ 「剣の舞(沛公、項王に見ゆ)」の部分です。

・ 「樊噲、頭髪上指す」の部分へのリンク

   於是張良至軍門、見樊噲。

・ 「豎子、与に謀るに足らず」の部分へのリンク

   沛公已出。項王使都尉陳平召沛公。



 [ 鴻門之会 現代語訳・書き下し文 ]

・ 画像クリックで次のページに進みます。

鴻門之会 現代語訳・書き下し文

     [ 語句・句法 ]

・ 見ゆ … お目にかかる

・ 臣 … 臣下の君主に対する自称

・ 戮す … 合わせる

・ 然れども … しかしながら

・ 意う … 思う





鴻門之会・彼取りて代はるべきなり

項籍少時、学書不成、去学剣。又不成。

鴻門之会・大丈夫当に此くのごとくなるべきなり

高祖為人、隆準而竜顔、美須髯。

天道是か非か・史記

或曰「天道無親。常与善人。」若伯夷







Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved

















Counter