史記、縦書き、よみがな

鴻門之会・項羽大いに怒る

HOME(漢文一覧)>鴻門之会>項羽大いに怒る


・ 「鴻門之会・項羽大いに怒る」の現代語訳・書き下し文です。

・ 語句・句法の説明が付いています。

・ 歴史的仮名づかい・現代仮名づかいの両方に対応しています。

・ サイト内リンク

 ⇒ 鴻門之会・剣の舞 現代語訳・書き下し文




     [ 書き下し文 ]

・ 画像クリックで次のページに進みます。


     [ 現代語訳 ]

楚軍は前進しながら秦の領地を攻略し平定して、

函谷関に到着した。

兵が関所を守っていて、中に入ることができなかった。

また沛公がすでに咸陽を破ったと聞いて、

項羽は非常に怒り、当陽君らに関所を攻撃させた。

項羽はそのまま入り、戯西に到着した。

沛公は覇上に陣をしき、まだ項羽に会うことができなかった。


     [ 語句・句法 ]

・ 行 … 道すがら〜する

・ 略定す … 攻略し平定する

・ 又 … そのうえ

・ 得ず … 〜できない

・ 使A〜 … 「使役形」で「Aヲシテ〜しム」

  と読み「Aに〜させる」という意味

・ 遂に … そのまま

・ 相 … 動詞に付いて語勢や語調を整える

・ 見ゆる … お目にかかる


 [ 歴史的かなづかい ⇒ 現代かなづかい ]

・ 関(くわん) ⇒ 関(かん)

・ 咸陽(かんやう) ⇒ 咸陽(かんよう)

・ 項羽(かうう) ⇒ 項羽(こうう)

・ 大(おほ)いに ⇒ 大(おお)いに

・ 当陽君(たうやうくん) ⇒ 当陽君(とうようくん)

・ 遂(つひ)に ⇒ 遂(つい)に

・ 霸上(はじやう) ⇒ 霸上(はじよう)

・ 相(あひ) ⇒ 相(あい)


     [ 原文 ]

楚軍行略定秦地、至函谷関。

有兵守関、不得入。

又聞沛公已破咸陽、項羽大怒、

使当陽君等撃関。

項羽遂入、至于戯西。

沛公軍霸上、未得与項羽相見。





鴻門之会・項羽大いに怒る 書き下し文・問題

   

返り点付きの原文を使用した書き下し文の練習問題です。

大学入試では、主に、返り点付きの原文を書き下し文にさせられます。

鴻門之会・項羽大いに怒る 現代語訳・問題

   

返り点・送り仮名付きの原文を使用した現代語訳の練習問題です。

大学入試では、主に、返り点・送り仮名付きの原文を現代語訳させられます。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved

















Counter

PVランキング