児(ちご)のそら寝:サンプル

古文記事一覧

HOME>古文


・ 古文の記事一覧です。

・ 現代語訳を主にするものと、品詞分解を主にするものとがあります。

・ 語句・文法の解説も行なっています。




[ 今鏡 ]

用光と白波 現代語訳・解説

用光が、相撲の使に西の国へ下りけるに
用光が、相撲の使として西国へ下向した

[ 宇治拾遺物語 ]

児のそら寝 品詞分解・現代語訳

これも今は昔、比叡の山に児ありけり。
これも今となっては昔のことだが、

絵仏師良秀 現代語訳・品詞分解

これも今は昔、絵仏師良秀といふあり
これも今となっては昔のことだが、

検非違使忠明 現代語訳・解説

これも今は昔、忠明といふ検非違使あり
これも今ではもう昔のことだが、忠明

[ 土佐日記 ]

土佐日記・冒頭「門出」 現代語訳・読み

男もすなる日記といふものを、女もして
みむとてするなり。

土佐日記・冒頭「門出」 品詞分解・現代語訳

それの年の十二月の二十日あまり一日
の戌の時に、門出す。





Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved