十八史略、縦書き、ひらがな、文法

鶏口牛後

HOME(漢文一覧)>十八史略>鶏口牛後


「鶏口牛後」の現代語訳・書き下し文です。

縦書き・読み仮名付きの書き下し文です。

現代語訳には語句・句法の説明が付いています。

歴史的仮名づかい・現代仮名づかいの両方に対応しています。




     [ 書き下し文 ]

鶏口牛後 書き下し文


     [ 現代語訳 ]

秦の国は諸侯をおどして、領土を割譲することを求めた。

洛陽の人で蘇秦という者がいた。

秦の恵王のところに行き説いたが、採用されなかった。

そこで燕に赴いて文侯に説き、趙と南北に同盟を結ばせようとした。

燕はこれに資金を与え、そして趙に行かせた。

粛侯に説いて言った、「諸侯の兵力は、秦の十倍あります。


     [ 語句・句法 ]

・ 恐喝す … おどす

・ 地を割く … 領土を分割する

・ 游説す … 意見や政策を説いて歩く

・ 乃ち … そこで

・ 従親す … 南北に同盟する

・ 資す … 資金を与えて助ける

・ 卒 … 兵隊


     [ 原文 ]

秦人恐喝諸侯、求割地。

有洛陽人蘇秦。游説秦恵王不用。

乃往説燕文侯、与趙従親。

燕資之、以至趙。

説粛侯曰、「諸侯之卒、十倍於秦。





鶏口牛後 書き下し文・原文

   

返り点付きの原文を書き下し文にする練習ができます。

大学入試では、主に、返り点付きの原文を書き下し文にさせられます。

書き下し文には読み仮名が付いています。

鶏口牛後 現代語訳・原文

   

返り点・送り仮名付きの原文を現代語訳する練習ができます。

大学入試では、主に、返り点・送り仮名付きの原文を現代語訳させられます。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved