検非違使忠明 現代語訳・解説

検非違使忠明

HOME(古文一覧)>検非違使忠明


・ 宇治拾遺物語「検非違使忠明」の現代語訳・解説です。

・ 語句の解説付きです。




 [ 検非違使忠明 現代語訳・原文 ]

・ 画像クリックで次のページに進みます。

検非違使忠明 現代語訳・原文


     [ 語句 ]

・ 橋のもと … 橋のそば

・ いさかひ … 言い争い

・ 手ごと … 一つ一つの手

・ 立ちこむ … 一面におおう


     [ 原文 ]

これも今は昔、忠明といふ検非違使ありけり。

それが若かりける時、清水の橋のもとにて京童部どもといさかひをしけり。

京童部手ごとに刀を抜きて、忠明を立ちこめて殺さんとしければ、

忠明も太刀を抜いて、御堂ざまに上るに、御堂の東のつまにも、

あまた立ちて向かひ合ひたれば、内へ逃げて、蔀のもとを脇に挟みて前の谷へ躍り落つ。

蔀、風にしぶかれて、谷の底に、鳥のゐるやうにやをら落ちにければ、

それより逃げて往にけり。

京童部ども谷を見おろして、あさましがり、立ち並みて見けれども、

すべきやうもなくて、やみにけりとなん。


     [ 現代語訳 ]

これも今ではもう昔のことだが、忠明という検非違使がいた。

その人が若かった時に、清水寺の橋のたもとで、京の若者たちとけんかをした。

京の若者たちは手に手に刀を抜いて、忠明を取り囲んで殺そうとしたので、

忠明も大きな刀を抜いて、お堂の方に上ると、お堂の東の端にも、

大勢立ちふさがって向かいあったので、お堂の中に逃げて、

蔀の下の方の戸を小脇にはさんで、前の谷へ飛び降りた。

蔀の戸板が、風に押しとどめられて、谷の底に、鳥がとまるように、

静かに降りてしまったので、そこから逃げて行ってしまった。

京の若者たちは、谷を見下ろして、驚きあきれて、立ち並んで見たけれども、

どうしようもなくて、終わってしまったということだ。











Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved