鴻門之会・現代かなづかい

樊噲頭髪上指す

HOME>樊噲、頭髪上指す


・ 鴻門之会・歴史的仮名づかい

・ 「樊噲、頭髪上指す」の部分です。

・ 「項羽、大いに怒る」の部分へのリンク

   楚軍行略定秦地、至函谷関。

・ 「剣の舞」の部分へのリンク

   沛公旦日従百余騎、来見項王。

・ 「沛公、虎口を脱す」の部分へのリンク

   沛公已出。項王使都尉陳平召沛公。



 [ 樊噲、頭髪上指す 書き下し文 ]

・ 画像クリックで次のページに進みます。

鴻門之会・樊噲頭髪上指す 書き下し文


     [ 現代語訳 ]

そこで張良は陣営の門に行って樊噲と会った。

樊噲が言った、「今日の会見はどんな様子ですか」と。

張良が言った、「すごく差し迫っている。

今項荘が剣を抜いて舞っている。

その注意は常に沛公に向けられている」と。

樊噲が言った、「これは急を要する。

中に入って生死をともにさせてもらいたい」と。

樊噲はすぐに剣を身につけ盾を持って陣営の門に入った。


     [ 語句・句法 ]

・ 於是 … 「接続詞」で「そこで」という意味

・ 何如 … どのようであるか

・ 請ふ … どうか〜させてください

・ 即ち … すぐに


 [ 歴史的かなづかい ⇒ 現代かなづかい ]

・ 張良(ちやうりやう) ⇒ 張良(ちようりよう)

・ 樊噲(はんくわい) ⇒ 樊噲(はんかい)

・ 曰はく ⇒ 曰わく

・ 急(きふ)なり ⇒ 急(きゆう)なり

・ 項荘(かうさう) ⇒ 項荘(こうそう)

・ 請ふ ⇒ 請う

・ 即(すなは)ち ⇒ 即(すなわ)ち


     [ 原文 ]

於是張良至軍門、見樊噲。

樊噲曰、「今日之事何如。」

良曰、「甚急。今者項荘抜剣舞。

其意常在沛公也。」

噲曰、「此迫矣。臣請、入与之同命。」

噲即帯剣擁盾入軍門。










Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved

















Counter