梁上君子・後漢書 現代語訳・書き下し文

梁上の君子

HOME(漢文一覧)>寓話・故事成句>梁上君子


・ 梁上君子・後漢書の現代語訳・書き下し文です。

・ 語句と句法の解説付きです。

・ 歴史的かなづかいによる書き下し文です。




 [ 梁上君子・後漢書 現代語訳・書き下し文 ]

・ 画像クリックで次のページに進みます。

梁上君子・後漢書 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 荒る … 作物が実らない

・ 倹なり … 貧乏である

・ 乃ち … そこで

・ 整払す … 身のまわりを整える

・ 色を正す … 改まった顔つきをする

・ 訓ふ … 教え諭す

・ 夫れ … そもそも


 [ 歴史的かなづかい ⇒ 現代かなづかい ]

・ 盗(たう) ⇒ 盗(とう)

・ 梁上(りやうじやう) ⇒ 梁上(りようじよう)

・ 乃(すなは)ち ⇒ 乃(すなわ)ち


・ 自(みづか)ら ⇒ 自(みずか)ら

・ 訓(をし)へて ⇒ 訓(おし)えて

・ 曰はく ⇒ 曰わく


     [ 原文 ]

時歳荒民倹。有盗夜入陳寔室、止於梁上。

寔陰見、乃起自整払、呼命子孫、正色訓之曰、

「夫人不可不自勉。不善之人未必本悪。

習以性成、遂至於此。梁上君子者是矣。」

盗大驚、自投於地、稽○帰罪。

寔徐譬之曰、「視君状貌不似悪人。

宜深剋己反善。 然此当由貧困。」

令遺絹二匹。 自是一県無復盗窃。


     [ 書き下し文 ]

時に歳荒れて民倹なり。

盗有りて夜陳寔の室に入り、梁上に止まる。

寔陰かに見て、乃ち起ちて自ら整払し、

呼びて子孫に命じ、色を正し之を訓へて曰はく、

「夫れ人は自ら勉めざるべからず。

不善の人も、未だ必ずしも本より悪ならず、

習ひ性を以て成り、遂に此に至る。梁上の君子は是れなり。」と。

盗大いに驚き、自ら地に投じて、稽○して罪に帰す。

寔徐ろに之を譬して曰はく、

「君の状貌を視るに、悪人に似ず。

宜しく深く己に剋ちて善に反るべし。

然れども此れ当に貧困に由るべし。」と。

絹二匹を遺らしむ。是れより一県復た盗窃無し。


     [ 現代語訳 ]

その年、凶作で人々の生活は苦しかった。

盗人が夜に陳寔の部屋に入り込み、梁の上にじっと動かないでいた。

陳寔はそれとなく見て、そこで立ち上がり身なりを整えて、

子や孫を呼び寄せ、顔つきを改めてこれを教え諭して言うには、

「そもそも人は努力しなければならない。

よくないことをする人も、必ずしも初めから悪人だったわけではない。

習慣が生まれつきの性格のようになり、そのまま悪人になってしまった。

梁の上にいる人格者がそれである。」と。

盗人は非常に驚いて、自分から地面に降りてきて、

頭を地面につけて礼をして罪を認めた。

陳寔がゆっくりとこれを諭して言うには、

「あなたの顔かたちを見ると、悪人のようには見えない。

ぜひ十分に自分に打ち勝って善に返ってもらいたい。

しかしながら、これはきっと貧困のせいだろう。」と。

絹二匹を贈らせた。

この事件から県内では二度と盗みがなくなった。











Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved