季札挂剣・蒙求 現代語訳・書き下し文

季札剣を挂く

HOME(漢文一覧)>寓話・故事成句>季札挂剣


・ 季札挂剣・蒙求の現代語訳・書き下し文です。

・ 語句と句法の解説付きです。

・ 歴史的かなづかいによる書き下し文です。




 [ 季札挂剣・蒙求 現代語訳・書き下し文 ]

・ 画像クリックで次のページに進みます。

季札挂剣・蒙求 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 徐君 … 徐の国の君主

・ 上国 … 上位の国

・ 未〜 … まだ〜しない

   読み「いまダ〜ず」(再読文字)


 [ 歴史的かなづかい ⇒ 現代かなづかい ]

・ 使ひ ⇒ 使い

・ 敢へて ⇒ 敢えて

・ 言はず ⇒ 言わず

・ 上国(じやうこく) ⇒ 上国(じようこく)

・ 還(かへ)りて ⇒ 還(かえ)りて


     [ 原文 ]

呉季札之初使、北過徐君。

徐君好季札剣、口弗敢言。

季札心知之、為使上国、未献。

還至徐。徐君已死。

乃解其宝剣、懸之徐君冢樹而去。

従者曰、「徐君已死。尚誰予乎。」

季子曰、「不然。始吾心已許之。

豈以死倍吾心哉。」


     [ 書き下し文 ]

呉の季札の初め使ひするや、北のかた徐君に過る。

徐君、季札の剣を好むも、口敢へて言はず。

季札心に之を知るも、上国に使ひするが為に、未だ献ぜず。

還りて徐に至る。徐君已に死す。

乃ち其の宝剣を解き、之を徐君の冢の樹に繋けて去る。

従者曰はく、「徐君已に死す。尚ほ誰にか予ふるや。」と。

季子曰はく、「然らず。始め吾が心已に之を許す。

豈に死を以て吾が心に倍かんや。」と。


     [ 現代語訳 ]

呉の国の季札が初めて使者として派遣された時、

北方の徐君のところを通りすぎた。

徐君は季札の剣を好ましく思ったが、口に出してあえて言わなかった。

李札は心中でそれを感じたが、上国への使いであったので、

まだ剣を差し上げなかった。

帰りに徐の国に到着した。徐君は既に死んでいた。

そこでその宝剣を解いて、それを徐君の墓のそばの樹に掛けて去った。

従者が言うには、「徐君は既に死んでいます。

それなのに誰に与えるのですか。」と。

季子が言うには、「そういうことではない。

初めのときに私は心中で既に与えることを決めていた。

どうして亡くなったからといって自分の心に背くだろうか。」と。











Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved