糟糠の妻・後漢書 現代語訳・書き下し文

糟糠の妻

HOME(漢文一覧)>寓話・故事成句>糟糠の妻


・ 糟糠の妻・後漢書の現代語訳・書き下し文です。

・ 語句と句法の解説付きです。

・ 歴史的かなづかいによる書き下し文です。




 [ 糟糠の妻・後漢書 現代語訳・書き下し文 ]

・ 画像クリックで次のページに進みます。

糟糠の妻・後漢書 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 威容 … 立派で威厳のある様子

・ 徳器 … 徳と才能

・ 方に且に … これから〜しようとする

・ 図る … 考えて判断する


 [ 歴史的かなづかい ⇒ 現代かなづかい ]

・ 湖陽(こやう) ⇒ 湖陽(こよう)

・ 寡(くわ) ⇒ 寡(か)

・ 朝臣(てうしん) ⇒ 朝臣(ちようしん)


     [ 原文 ]

時帝姉湖陽公主新寡。

帝与共論朝臣、微観其意。

主曰、「宋公威容徳器、群臣莫及。」

帝曰、「方且図之。」

後、弘被引見。

帝令主坐屏風後、因謂弘曰、

「諺言、『貴易交、富易妻。』人情乎。」

弘曰、「臣聞、『貧賎之交不可忘。糟糠之妻不下堂。』」

帝顧謂主曰、「事不諧矣。」


     [ 書き下し文 ]

時に帝の姉の湖陽公主新たに寡となる。

帝与共に朝臣を論じ、微かに其の意を観る。

主曰はく、「宋公の威容徳器、群臣及ぶ莫し。」と。

帝曰はく、 方に且に之を図らんとす。」と。

後、弘引見せらる。

帝主をして屏風の後ろに座せしめ、因りて弘に謂ひて曰はく、

「諺に言ふ、『貴くして交はりを易へ、富みて妻を易ふ。』と。人の情か。」と。

弘曰はく、「臣聞く、『貧賤の交はりは忘る可からず。

糟糠の妻は堂より下さず。』と。」

帝顧みて主に謂ひて曰はく、 「事諧はず。」と。


     [ 現代語訳 ]

そのとき光武帝の姉の湖陽公主は未亡人になったばかりだった。

光武帝は一緒に家臣について論じ、ひそかにその気持ちを探った。

公主が言うには、「宋弘様の威厳のある容姿と人徳・才能は、

家臣たちに及ぶ者はいません。」と。

光武帝が言うには、「これからそれを考えてみましょう。」と。

その後、宋弘は召し出されて謁見した。

光武帝は公主を屏風の後ろに座らせ、そこで宋弘に向かって言うには、

「諺には、『身分が高くなったら交友関係を変え、

財産が多くなったら妻を変える。』と言う。

人として当然の心の働きだろうか。」と。

宋弘が言うには、「私は、

『貧しくて身分が低いころの交友関係を忘れてはならない、

貧しい生活を共にしてきた妻を表座敷からおろしてはいけない。』

と聞いています。」と。

光武帝が振り返って公主に向かって言うには、

「 うまく事が運びませんでした。」と。











Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved