買履忘度・韓非子 現代語訳・書き下し文

買履忘度

HOME(漢文一覧)>寓話・故事成句>買履忘度


・ 買履忘度・韓非子の現代語訳・書き下し文です。

・ 語句と句法の解説付きです。

・ 歴史的かなづかいによる書き下し文です。




 [ 買履忘度・韓非子 現代語訳・書き下し文 ]

・ 画像クリックで次のページに進みます。

買履忘度・韓非子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 且〜 … 今にも〜しようとする

   読み「まさニ〜す」(再読文字)

・ 至る … ある時間になる

・ 操る … 手に取る

・ 度 … 寸法書き


     [ 原文 ]

鄭人有且置履者。

先自度其足而置之其坐、

至之市而忘操之。

已得履、乃曰、「吾忘持度。」

反帰取之。及反市罷。遂不得履。

人曰、「何不試之以足。」

曰、「寧信度,無自信也。」


     [ 書き下し文 ]

鄭人に且に履を置はんとする者有り。

先づ自ら其の足を度りて之を其の坐に置き、

市に之くに至りて之を操るを忘る。

已に履を得て、乃ち曰はく、「吾度を持つことを忘る。」と。

反り帰りて之を取る。反るに及びて市罷む。遂に履を得ず。

人曰はく、「何ぞ之を試みるに足を以てせざるや。」と。

曰はく、「寧ろ度を信ずるも、自らを信ずる無し。」と。


     [ 現代語訳 ]

鄭の人に今にも履き物を買おうとしている者がいた。

まず自分でその足の寸法を測ってそれを座席に置いていたが、

市場に行く時になってそれを持って行くのを忘れた。

すでに履き物を手にして、そして言うには、

「私は寸法書きを持って来るのを忘れた。」と。

引き返して家に帰りそれを手にした。

戻って来てみると市場は終わっていた。

とうとう履き物を買えなかった。

ある人が言うには、「どうして自分の足に合わせてみなかったのか。」と。

言うには、「寸法書きは信用していても、自分の足は信用していない。」と。











Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved