歴代名画記、縦書き、ひらがな、文法

画竜点睛

HOME(漢文一覧)>寓話・故事成句>画竜点睛


「画竜点睛」の現代語訳・書き下し文です。

現代語訳には語句・句法の説明が付いています。

縦書き・読み仮名付きの書き下し文です。

歴史的仮名づかい・現代仮名づかいの両方に対応しています。




     [ 書き下し文 ]

画竜点睛 書き下し文


     [ 現代語訳 ]

張僧繇は、呉中の人である。

武帝が仏教寺院を美しく飾るときには、

多くの場合僧繇に命じて描かせていた。

金陵の安楽寺に描かれた四頭の白竜には、

瞳を描き入れていなかった。

いつも言っていた、「瞳を描き入れると即座に飛び去るだろう」と。

人々はでたらめだと思い、強くこれに瞳を描き入れることを求めた。

たちまち雷鳴と電光が壁を破り、二匹の竜は雲に乗り、

躍り上がって天に昇った。

二匹のまだ瞳を描き入れていないものは現存している。


     [ 語句・句法 ]

・ 崇飾する … 立派に飾る

・ 点ず … 描き入れる

・ 眼睛 … ひとみ

・ 即ち … すぐに

・ 妄誕 … でたらめ

・ 固く … 強く、揺るがずに

・ 請ふ … 求める

・ 須臾にして … たちまち

・ 雷電 … かみなりといなずま

・ 騰去す … 躍り上がる

・ 見に … 現実に、実際に


 [ 歴史的かなづかい ⇒ 現代かなづかい ]

・ 張僧繇(ちやうそうえう) ⇒ 張僧繇(ちようそうよう)

・ 多(おほ)く ⇒ 多(おお)く

・ 画(ゑが)かしむ ⇒ 画(えが)かしむ

・ 即(すなは)ち ⇒ 即(すなわ)ち

・ 妄(まう) ⇒ 妄(もう)

・ 両(りやう) ⇒ 両(りよう)


     [ 原文 ]

張僧繇、呉中人也。

武帝崇飾仏寺、多命僧繇画之。

金陵安楽寺四白龍、不點眼睛。

毎云、點睛即飛去。

人以爲妄誕、固請點之。

須臾雷電破壁、両龍乗雲、騰去上天。

二龍未點眼者見在。





画竜点睛 書き下し文・原文


返り点付きの原文を書き下し文にする練習ができます。

大学入試では、主に、返り点付きの原文を書き下し文にさせられます。

書き下し文には読み仮名が付いています。

画竜点睛 現代語訳・原文


返り点・送り仮名付きの原文を現代語訳する練習ができます。

大学入試では、主に、返り点・送り仮名付きの原文を現代語訳させられます。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved