不死之薬 現代語訳・書き下し文

不死之薬(不死の薬)

HOME(漢文一覧)>寓話・故事成句>不死之薬


・ 「不死之薬」の現代語訳・書き下し文です。

・ 語句と句法の解説付きです。

・ 白文を書き下し文に直す学習方法は漢文マスターの王道です。

・ 「不死之薬」の白文を書き下し文に直す練習がしたい場合には

 ⇒ 不死之薬 書き下し文・原文(白文)

・ サイト内リンク

 ⇒ 蘇武持節 現代語訳・書き下し文




 [ 不死之薬 現代語訳・書き下し文 ]

・ 画像クリックで次のページに進みます。

不死之薬 現代語訳・書き下し文

     [ 語句・句法 ]

・ 謁者 … 取次係の役人

・ 操る … 手にしっかり持つ

・ 中射の士 … 警護役の侍従

・ 可〜 … 〜してよい(許可)

・ 可〜 … 〜できる(可能)

・ 因りて … よって

・ 使A〜 … Aに〜させる(使役)

   読み「Aをして〜しむ」


     [ 原文 ]

有献不死之薬於荊王者。

謁者操之以入。

中射之士問曰、「可食乎。」

曰、「可。」

因奪而食之。

王大怒、使人殺中射之士。

中射之士使人説王曰、「臣問謁者。

謁者曰、『可食。』

臣故食之。

是臣無罪、而罪在謁者也。

且客献不死之薬、臣食之、而王殺臣、是死薬也。

是客欺王也。

夫殺無罪之臣、而明人之欺王也。

不如釈臣。」王乃不殺。


     [ 書き下し文 ]

不死の薬を荊王に献ずる者有り。

謁者之を操りて以て入る。

中射の士問ひて曰はく、「食らふべきか。」と。

曰はく、「可なり。」と。

因りて奪ひて之を食らふ。

王大いに怒り、人をして中射の士を殺さしむ。

中射の士人をして王に説かしめて曰はく、

「臣謁者に問ふに、謁者曰はく、『食らふべし。』と。

臣故に之を食らふ。

是れ臣罪無くして、罪は謁者に在るなり。

且つ客不死の薬を献じ、臣之を食らひて、王臣を殺さば、是れ死薬なり。

是れ客の王を欺くなり。

夫れ無罪の臣を殺して、人の王を欺くを明らかにするなり。

臣を釈すに如かず。」と。

王乃ち殺さず。


     [ 現代語訳 ]

不死の薬を荊王に献上した者があった。

取次係の役人はそれを持って入っていった。

警護役の侍従が尋ねた、「食べられるのか。」と。

答えた、「食べられる。」と。

そこで奪ってこれを食べた。

王は非常に怒って、人に命じて侍従を殺させようとした。

侍従が人に頼んで王に説明させて言った、

「私が取次係に尋ねますと、取次係は答えました、『食べてよい。』と。

私はそれでこれを食べました。

つまり私には罪はなく、罪は取次係にあるのです。

また客人が不死の薬を献上して、私がそれを食べ、王が私を殺せば、

それは死薬になります。

つまり客人が王を欺いたことになります。

罪のない私を殺して、人が王を欺いたことを明らかにすることになるのです。

私を許したほうがよろしいかと思います。」と。

そこで王は殺さなかった。











Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved

















Counter
















PVランキング