莫敢飾詐 現代語訳・書き下し文

敢へて飾詐する莫し

HOME(漢文一覧)>十八史略>莫敢飾詐


・ 莫敢飾詐・十八史略の現代語訳・書き下し文です。

・ 語句と句法の解説付きです。

・ 歴史的かなづかいによる書き下し文です。




 [ 莫敢飾詐 現代語訳・書き下し文 ]

・ 画像クリックで次のページに進みます。

莫敢飾詐・十八史略 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 振るふ … 充実して勢いが盛んである

・ 大夫 … 中国の周代の官位名

・ 毀言 … 悪口

・ 給す … 満ち足りている


 [ 歴史的かなづかい ⇒ 現代かなづかい ]

・ 振るはず ⇒ 振るわず

・ 王(わう) ⇒ 王(おう)

・ 乃(すなは)ち ⇒ 乃(すなわ)ち

・ 曰はく ⇒ 曰わく

・ 居(を)りし ⇒ 居(お)りし

・ 給(きふ)し ⇒ 給(きゆう)し

・ 東方(とうはう) ⇒ 東方(とうほう)


     [ 原文 ]

時斉国幾不振。

王乃召即墨大夫、語之曰、

「自子之居即墨也、毀言日至。

然吾使人視即墨、

田野辟、人民給、官無事、東方寧。

是子不事吾左右以求助也。」封之万家。

召阿大夫、語之曰、

「自子之守阿、誉言日至。

吾使人視阿、田野不辟、人民貧餒。

趙攻○、子不救。衛取薛陵、子不知。

是子厚幣、事吾左右、以求誉也。」

是日烹阿大夫与嘗誉者。

群臣聳懼、莫敢飾詐。

斉大治。諸侯不敢復致兵。


     [ 書き下し文 ]

時に斉国幾ど振るはず。

王乃ち即墨の大夫を召し、之に語りて曰はく、

「子の即墨に居りしより、毀言日に至る。

然れども吾人をして即墨を視しむるに、

田野辟け、人民給し、官事無く、東方寧し。

是れ子吾が左右に事へて以て助けを求めざればなり。」と。

之を万家に封ず。

阿の大夫を召し、之に語りて曰はく、

「子の阿を守りしより、誉言日に至る。

吾人をして阿を視しむるに、

田野辟けず、人民貧餒す。

趙○を攻むれども、子救はず。

衛薛陵を取れども、子知らず。

是れ子幣を厚くし、吾が左右に事へて、以て誉を求むればなり。」と。

是の日阿の大夫と嘗て誉めし者とを烹る。

群臣聳懼し、敢へて飾詐する莫し。

斉大いに治まる。

諸侯敢へて復た兵を致さず。


     [ 現代語訳 ]

その頃、斉の国はほとんど勢いがなかった。

王はそこで即墨の大夫を呼び寄せて、これに語って言うには、

「君が即墨に着任してから、悪い評判が毎日届いた。

しかし私が人を派遣して即墨を視察させたところ、

田野は開拓され、人民は満ち足りていて、

官吏には問題がなく、東方は安定している。

これは君が私の側近の者に取り入って助力を求めないからだろう。」と。

これを一万戸の領土を与え領主にした。

阿の大夫を呼び寄せて、これに語って言うには、

「君が阿を守るようになってから、ほめ言葉が毎日届いた。

私が人を派遣して阿を視察させたところ、

田野は開拓されず、人民は貧しくて飢えている。

趙が○を攻めたが、君は救わなかった。

衛が薛陵を略取しても、君は関知しなかった。

これは君がたくさん賄賂を贈り、私の側近の者に取り入って、

栄誉を求めたからだ。」と。

その日に阿の大夫と以前ほめた者を釜ゆでの刑にした。

群臣はふるえ懼れて、あえてうわべを飾って偽らなくなった。

斉は大いに治まった。

諸侯はあえて再び軍を進めなかった。










Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved